Published Date : 2019年10月3日13:53

DjangoとBootstrapを使用して簡単なパンくずリストを作る
Make a simple breadcrumb using Django and Bootstrap


This blog has an English translation







当ブログで今更ながらパンくずリストを設置してみました。 パンくずリストとは、今見ているページを分かりやすく表示してくれる機能のことです。 このブログの左上に表示されているところがパンくずリストです。

I recently set up a bread crumb list on this blog. Bread crumbs are a feature that displays the page you are looking at in an easy-to-understand way. What you see in the upper left corner of this blog is the breadcrumb navigation.


Responsive image


Djangoでパンくずリストを作るにはBootstrapの使うのが便利
Bootstrap is a convenient way to make breadcrumbs in Django.

Djangoには、パンくずリストをBootstrapを使って作成するモジュールがありますが、 大変使い辛いです。 さらに今回Font Awesomeの家のWEBアイコンを使用させて頂いてますが、 DjangoのFont Awesomeのモジュールはさらにややこしいっす。

Django has a module for creating breadcrumbs using Bootstrap. It is very hard to use. In addition, I use the Web icon of Font Awesome's house this time. Django's Font Awesome module is even more complicated.

なので今回は、BootstrapとDjangoのテンプレート、見た目を整えるCSSのみでシンプルに作成しました。 以下実際のコードの表示と簡単な説明をしていきます。

So this time, I made it simple with just Bootstrap and Django templates and CSS to make it look good. Let's look at the actual code and give a brief description.

とりあえず挙動を確かめるため、以下のコードを適当なエディターで書いて、 実行して、ブラウザで確認してみてください。

For now, to see how it works, write the following code in the appropriate editor: Try running it and checking it in your browser.

your_file_name.html
<!DOCTYPE html>
<html lang="ja-jp">
<head>

    <title>Breadcrumb Example</title>

    <!-- Bootstrapを使用するためのリンクタグ設置 -->
    <!-- link tags to use Bootstrap. -->
    <link href="https://stackpath.bootstrapcdn.com/bootstrap/4.3.1/css/bootstrap.min.css" rel="stylesheet">
    <!-- Bootstrapを使用するためのリンクタグ設置 -->
    <!-- link tags to use Bootstrap. -->
    <link href="https://stackpath.bootstrapcdn.com/font-awesome/4.7.0/css/font-awesome.min.css" rel="stylesheet">

    <!-- パンくずリストの表示を整える。 -->
    <!-- Arrange the display of the breadcrumbs. -->
    <style>
        .breadcrumb{
            background-color: white;
        }
        .breadcrumb-item + .breadcrumb-item::before {
            content: ">";
        }
    </style>
</head>
<body>

    <!-- Start Breadcrumb -->
    <nav aria-label="breadcrumb">
        <ol class="breadcrumb">
            <li class="breadcrumb-item active"><a title="Breadcrumb Example" href="{% url 'your_django_view_name' %}"><i class="fa fa-home"> Home</i></a></li>
        </ol>
    </nav>
    <!-- End Breadcrumb -->

    <div class="container">
        main content
    </div>

    <!-- Bootstrapを使用するためのscriptタグ設置 -->
    <!-- script tags to use Bootstrap. -->
    <script src="https://stackpath.bootstrapcdn.com/bootstrap/4.3.0/js/bootstrap.min.js" integrity="sha384-7aThvCh9TypR7fIc2HV4O/nFMVCBwyIUKL8XCtKE+8xgCgl/PQGuFsvShjr74PBp" crossorigin="anonymous"></script>

</body>
</html>

こちらの行にDjangoのテンプレートが入り、URLを設置してくれます。

This line will contain a Django template that will set up the URL for you.

<li class="breadcrumb-item active"><a title="Breadcrumb Example" href="{% url 'your_django_view_name' %}"><i class="fa fa-home"> Home</i></a></li>

”your_django_view_name” この部分はurls.pyで設定したname="your_view_name"の名前を入れる。

“your _ django _ view _ name ” This is the name given in urls.py where name = "your_view_name".

{% url 'your_django_view_name' %}

簡単に説明すると、urls.pyの書き方はこんな感じ。

This is how urls.py is written.

your_application/urls.py
from django.conf.urls import url
from django.urls import path

from . import views

urlpatterns = [
    path('', views.index, name='index'),
]

この部分がFont Awesomeの家アイコンの表示部分。

This is the home icon in Font Awesome.

<i class="fa fa-home"> Home</i>

Bootstrapのパンくずリストはデフォルトで背景がグレーになっているので、ホワイトにする。 あと最初から区切り文字が(階層1/階層2/......)と(/)になっているので、お好みで文字を変えてみる。 (この場合区切り文字を”>”にした)

Bootstrap's breadcrumb list defaults to a gray background, so you'll want it to be white. And, From the beginning, the separator is (Dir 1/Dir 2 /...) (/), so you can change it to your liking. (In my case, I changed the delimiter to "<".)

<style>
    .breadcrumb{
        background-color: white;
    }
    .breadcrumb-item + .breadcrumb-item::before {
        content: ">";
    }
</style>

各自環境に合わせる
Be tailored to the environment

後は各々、各ページに配置して、リストの行を増やして、Viewの名前からURLを取ってくれば機能します。

You can then place them on each page, add more lines to the list, and take the URL from the View name.

以上。今回は短めの記事でした。

That's it. This time it was a short article.




See You Next Page!