Published Date : 2020年10月26日6:15

WSL2でDockerを使う
Using Docker with WSL2


This blog has an English translation


YouTubeにアップした動画、「【日本語解説】WSL2でDockerを使う【WSL2, Docker】」の補足説明の記事です。

Here's a little more about the 「【WSL2, Docker】 Using Docker with WSL2」 video I uploaded to YouTube.

字幕を付けるなら、英語音声と日本語音声の二つに分けたほうが良いと思ったので、今回から同じ動画だが音声が日本語と英語に分かれたものをアップしました。

I thought it would be better to separate the video into English audio and Japanese audio instead of adding subtitles to the video, so I uploaded the same video with Japanese and English audio separately.

ページの頭に日本語解説動画、ページの最後に英語解説動画のリンクが貼られてます。

There is a Japanese explanation video at the top of the page, and an English explanation video link at the end of the page.

【日本語解説】WSL2でDockerを使う【WSL2, Docker】


目次

Table of Contents




① 動画の説明
① Video Description



まず、最新のWindows10のバージョンにアップデートしましょう。

First, update to the latest version of Windows 10.

次に、管理者としてPower Shellを立ち上げます。

Next, launch the Power Shell as administrator.

そして、Linux用のWindowsサブシステムを有効にするためのコマンドを入力します。

Then enter the command to enable the Windows subsystem for Linux.

dism.exe /online /enable-feature /featurename:Microsoft-Windows-Subsystem-Linux /all /norestart

次に、仮想マシンの機能を有効にするコマンドを入力します。

Then enter the command to enable the virtual machine feature.

dism.exe /online /enable-feature /featurename:VirtualMachinePlatform /all /norestart

PCを再起動してくだちぃ。

Reboot your machine.

再起動が終わったら、最新のWSL2 Linuxカーネル更新プログラムパッケージをダウンロードしてくだちぃ。

After rebooting, download the latest WSL2 Linux kernel update package.

セットアップが終了したら、WSL2を既定のバージョンとして設定するコマンドを、管理者としてPower Shellに入力します。

After setup is complete, enter the command to set WSL2 as the default version in Power Shell as an administrator.

wsl --set-default-version 2

次に、MicrosoftStoreからUbuntu18.04をインストールします。

Next, install Ubuntu 18.04 from the Microsoft Store.

Ubuntuの設定が終わったら、Docker Desktop for Windowsをインストールします。

After configuring Ubuntu, install Docker Desktop for Windows.

設定画面で[Enable WSL 2 Windows Features]にチェックを入れるのを忘れずに。

Don't forget to check [Enable WSL2 Windows Features] on the setting screen.

そして、VS CodeをWSL側で開けるようにします。

Next, set the VS Code to open on the WSL side.

VS Codeを[Windows側]で立ち上げて、エクステンションからRemote-WSLをインストールします。

Launch VS Code with [Windows side] and install Remote-WSL from the Extension.

Ubuntuを立ち上げて、[code .]と入力すれば、VS Codeが立ち上がります。

Launch Ubuntu, type [code .] and VS Code will launch.

code .

VS CodeエクステンションからDocker Extensionをインストールします。

Install the Docker Extension from the VS Code extension.

最後にPower Shellに[wsl -l -v]と入力して、WSL2やDockerが有効になっているかを確認します。

Finally, in the Power Shell, type [wsl -l -v] to see if WSL2 or Docker is enabled.

wsl -l -v


以上です。お疲れ様です。

That's all. Thank you for your hard work.


【WSL2, Docker】 Using Docker with WSL2